アプリ

「英語脳」を作るアプリ

ニック式 英会話ジム

「英語脳」を作るための「脳トレジム」です。「英語脳」の別の「筋肉」を鍛える6つのトレーニングマシーンで日頃トレーニングして、「英語脳」の「神経回路」が作られる画期的なアプリです。
細かい文法を考えずに、文法的に正しい、尚且つ自然な英語が話せるようになりたい人はこのメソッドが1番です。
「ニック式英会話ジム」では自分がパーツを組み立てて作った文、テンプレートに沿って、英語の思考回路に沿って自分が作った文を、ネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。発音の練習と文作りの練習を同時にできます。英語の思考回路を脳に焼き付けることができて、ネイティブのような自然な英語が話せるようになります。

「英語脳」を作るアプリ

ニック式
英会話ジム

「英語脳」を作るための「脳トレジム」です。「英語脳」の別の「筋肉」を鍛える6つのトレーニングマシーンで日頃トレーニングして、「英語脳」の「神経回路」が作られる画期的なアプリです。
細かい文法を考えずに、文法的に正しい、尚且つ自然な英語が話せるようになりたい人はこのメソッドが1番です。
「ニック式英会話ジム」では自分がパーツを組み立てて作った文、テンプレートに沿って、英語の思考回路に沿って自分が作った文を、ネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。発音の練習と文作りの練習を同時にできます。英語の思考回路を脳に焼き付けることができて、ネイティブのような自然な英語が話せるようになります。

「英語脳」を作るための6つのトレーニングマシーン

「英語脳」を作るための
6つのトレーニングマシーン

Training 1

一番シンプルだけど効果的な「置き換え」

たとえば「How old are you?」の「old」を別の単語に置き換えて「How hungry are you?(どれくらいお腹空いているの?)」「How sick are you?(どれくらい具合悪いの?)」「How confident are you?(自信のほどは?)」などと、新しい表現を作っていきます。1つの表現を覚えて1つで終わらせずに、簡単な置き換えで言えることが何十倍になります。言語を学ぶ上で、この「置き換え頭」が大変ためになるスキルです。

Training 2

2つのパーツや決まったフレーズを組み合わせる「A+B」

たとえば「I was going to(するつもりだった)」という塊と「change jobs(転職する)」という塊を組み合わせて「I was going to change jobs.(転職するつもりだった)」と文を作っていきます。動詞の原形が続く表現や動詞のing形が続く表現など、いろんな表現がありますが、アプリがすべて正しい形に変換してくれるので間違った文を作ることは不可能です。自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングし、脳と口を同時に慣らすことができます。

Training 2

2つのパーツや決まったフレーズを組み合わせる「A+B」

たとえば「I was going to(するつもりだった)」という塊と「change jobs(転職する)」という塊を組み合わせて「I was going to change jobs.(転職するつもりだった)」と文を作っていきます。動詞の原形が続く表現や動詞のing形が続く表現など、いろんな表現がありますが、アプリがすべて正しい形に変換してくれるので間違った文を作ることは不可能です。自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングし、脳と口を同時に慣らすことができます。

Training 3

ネイティブと同じ思考回路で短文を作る「3 STEP」

日本語をヒントにせずに内容で判断しながら、3ステップのテンプレートに沿って考える「英語の思考回路」を身につけましょう。日本語に囚われているからこそ、苦労もしますし、不自然な英語になります。本当の英語はもっともっと簡単です。日本語英語よりも楽に、ネイティブ感覚の英語になります。そして、日本語から訳さずに、最初から英語で考えられるようになります。

Training 4

瞬時に質問ができるスキルを身につける「Q」

質問がしたくても「何と言えばいいんだろう?」と考えているうちに会話がどんどん進んでしまって、聞きそびれることが多いですよね。聞きたい質問をすぐに言える必要があります。すぐに言えるようになるには、質問をシンプルに意識しましょう。自分で質問を組み合わせ、組み合わせた質問をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。

Training 3

ネイティブと同じ思考回路で短文を作る「3 STEP」

日本語をヒントにせずに内容で判断しながら、3ステップのテンプレートに沿って考える「英語の思考回路」を身につけましょう。日本語に囚われているからこそ、苦労もしますし、不自然な英語になります。本当の英語はもっともっと簡単です。日本語英語よりも楽に、ネイティブ感覚の英語になります。そして、日本語から訳さずに、最初から英語で考えられるようになります。

Training 4

瞬時に質問ができるスキルを身につける「Q」

質問がしたくても「何と言えばいいんだろう?」と考えているうちに会話がどんどん進んでしまって、聞きそびれることが多いですよね。聞きたい質問をすぐに言える必要があります。すぐに言えるようになるには、質問をシンプルに意識しましょう。自分で質問を組み合わせ、組み合わせた質問をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。

Training 5

質問に対して反射的に返せる「反射神経」を作る「A」

ほとんどの人は英語で質問された時に、日本語に訳して理解して、そのあと「動詞のチョイスは何?」「時制はどうする?」など、いろんなことを考えながら1から答えを作ろうとします。それでは、難しい上に時間がかかりすぎて会話に付いていけないですね。実は、1度日本語にせず、文法を考えずに、正しい英語で反射的に答えられるテクニックがあります。アプリがどんどん質問をしてくるので、それを反射的に返していきましょう。

Training 6

1番すごいトレーニングマシーン!「音読」

聞き取りができるようになるためには、自分の発音をネイティブに近づけることです。発音の解説動画でコツを掴み、「会話例」を通して、聞き取りの練習や発音の練習をいろんな角度からやっていきます。特に、リピーティングする範囲を自分で決められる「タッチ&リリース」機能がおすすめです。長い文をリピーティングするのは大変ですが、少しずつ繰り返す範囲を伸ばしていくと、長い文でもできるようになります。

Training 5

質問に対して反射的に返せる「反射神経」を作る「A」

ほとんどの人は英語で質問された時に、日本語に訳して理解して、そのあと「動詞のチョイスは何?」「時制はどうする?」など、いろんなことを考えながら1から答えを作ろうとします。それでは、難しい上に時間がかかりすぎて会話に付いていけないですね。実は、1度日本語にせず、文法を考えずに、正しい英語で反射的に答えられるテクニックがあります。アプリがどんどん質問をしてくるので、それを反射的に返していきましょう。

Training 6

1番すごいトレーニングマシーン!「音読」

聞き取りができるようになるためには、自分の発音をネイティブに近づけることです。発音の解説動画でコツを掴み、「会話例」を通して、聞き取りの練習や発音の練習をいろんな角度からやっていきます。特に、リピーティングする範囲を自分で決められる「タッチ&リリース」機能がおすすめです。長い文をリピーティングするのは大変ですが、少しずつ繰り返す範囲を伸ばしていくと、長い文でもできるようになります。

よくあるご質問(FAQ)|サポート

現在、アプリをご利用中のお客様より以下のような問い合わせをいただいております。

よくあるご質問(FAQ)
サポート

現在、アプリをご利用中のお客様より以下のような問い合わせをいただいております。

Q3STEPのトレーニングで「普段+否定」「過去+否定」を選択すると、音声の一部が正しく再生されません。
A大変申し訳ございません。現在修正対応中です。アップデートまでしばらくお待ちください。

Q文字を大きくすると表示が崩れてしまいます。
AiPhoneの「アクセシビリティ」より「さらに大きな文字」を選択し文字を大きく表示させると表示が崩れてしまいます。設定をお確かめの上、通常の大きさでご利用ください。
設定方法はこちら: https://support.apple.com/ja-jp/HT202828

Q動画が再生されません。
A動画はネット接続時のみ再生可能です。Wi-Fi等にお繋ぎの上ご視聴ください。ネットに接続していても再生されない場合は、スマートフォンの再起動もしくはアプリの再インストールをお試しください。
一部の端末で上記を試していただいても動画が再生されない現象が起こっています。大変申し訳ございませんが現在修正対応中ですので、アップデートまでしばらくお待ちください。
ご不明な点がある場合は、お手数ですが以下のページよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム: https://nic-english.com/contact/

Q動画がスキップできません。
A解説動画の視聴完了後にトレーニングが始められる仕様となっているため、各トレーニングを初めて行う場合は動画のスキップはできません。
今後のアップデートにより、初めて視聴する動画でもスキップできる仕様に変更する予定となっています。

Q会員登録メールが届きません。
Aメールが届かない場合は、以下が考えられます。
・メールアドレスが間違っている。
・迷惑メールフォルダなど自動的にフォルダ振り分けがされている。
・受信メールの容量制限に達するなどの理由でメールを受信できない。
・迷惑メールフィルターやドメイン指定受信を設定されている場合は、「@gym.nic-english.com」を受信できるように指定してください。
・上記で解決できない場合は、GmailまたはYahooメールでお試しください。

Q「他のユーザーがこのメールアドレスを使用しています。」というメッセージが出てきてログインできません。
A会員登録を申請したメールアドレスで会員登録が完了できなかった場合、同じメールアドレスで再度サインアップを試みると「他のユーザーがこのメールアドレスを使用しています。」と表示されます。
お手数ですが、別のメールアドレス(Gmail推奨)でお試しください。

Q「Email is not verified.」というメッセージが出てきてログインできません。
A会員登録を申請したメールアドレスの認証が完了していません。
会員登録の申請後に送られてくる「会員登録のご案内」のメールに記載されたリンクをクリックすると認証が完了し、アプリにログインできます。
「会員登録のご案内」のメールが見当たらない場合は、まずは迷惑メールフォルダなどをご確認ください。
それでもメールが見当たらない場合は、メールアドレスが間違っている等の理由でメールを受信できていない可能性がございます。
その場合は、別のメールアドレス(Gmail推奨)でお試しください。

Q返金の方法について。
A返金をご希望の方は、手順に沿って返金申請を行ってください。
返金申請方法はこちら: https://support.apple.com/ja-jp/HT204084

QAndroid版のリリースについて。
A現在はiOS版のみのリリースとなっており、Android版は現在開発中です。
リリースまでしばらくお待ちください。

アプリのダウンロードはこちら!

3cf39e4702c9b275dee54e0243404fd8

※対応OS:iOS 11.0以降(iPhone、iPad、およびiPod touchに対応)

1日1フレーズ配信の無料アプリ
englishLife

2005年から続いている大人気の1日1フレーズ配信メルマガ「englishLife」が無料アプリになりました!

  • 平日は毎日、実用的な英語のフレーズが配信されます。
  • 分かりやすい解説とすぐに使える応用例つきです。
  • 過去のフレーズもすべて見られます。
  • 「シチュエーション検索」、「文法検索」、「キーワード検索」、検索機能が豊富で、過去のフレーズも簡単に検索できて、スキマ時間で英語をものにできます。
  • プッシュ通知で最新フレーズの追加を知らせてくれます。(プッシュ通知はOFFにもできます)

「englishLife」は名前のとおり、生活の中のさまざまなシーンの使える英語を提供しています。「シチュエーション検索」で、「旅行」、「仕事」、「買い物」、「遊び」、「電話」、「恋愛」、「健康」、「スポーツ」、「ファッション」、「交通」、「天気」、「家の中」、「性格」、「五感」、そして、「キメの一言」を選択して実用的な英語を、楽しく学びましょう。

英語は、実はあまり難しい単語を使いません。たとえ日本語から考えて難しそうな内容でも、英語では簡単な単語だけを使ってほぼ何でも言えます。単語を覚えるのではなくて、その決まっている言い方を覚えるのが大切です。辞書ではできない、ネイティブならではの自然な言い方とその応用の仕方をドンドン紹介していきます。一日一フレーズずつものにしていきましょう。

英語脳バッティングセンター

英語で聞かれた質問を1度日本語に訳したり、また答えを1から自分で考えたりせずに「反射的に、英語を英語で返す」技術を身につけることができる画期的なドリルです。

たとえば、

A: What are you looking for?
B: I’m looking for a jacket.
のように、「…are you looking for?」で聞かれたら「I’m looking for…」の部分まで決まるので考えずに返せます。自分で考えるのは「a jacket」の部分のみ。

アプリがランダムに投げてくる「問いかけ」に対して、考えずに、反射的に「答える」反射神経をつくっていきます。

Stage 1 と Stage 2 では、考えずに返せる「決まっている」部分のみの練習です。たとえば「…are you looking for?」に対して「I’m looking for…」と反射的に返します。

Stage 3 – Real Questions では、本当に会話をしている感覚です。全文の問いかけに対して、全文の答えを返す練習をします。たとえば「What are you looking for?」に対して「I’m looking for (a jacket).」と返します。

このテクニックを1日5分練習して、日本語に訳してしまう頭を卒業して、英語を英語で反射的に返せる自分になりましょう。